元ペットショップ店長の戯れ言

数年前まで、ペットショップで店長をしていた経験を元に、犬との生活のアレヤコレヤを綴っていきます

ほっぺたから膿が!重要な犬のデンタルケア

おろそかにしがちな犬のデンタルケアですが、犬も歯磨きをちゃんとしないと口内トラブルが発生します。

歯を健康に保つことが口内環境を良くすることにつながり、犬に痛い思いをさせることなく楽しく生活が出来る。

日頃からデンタルケアを心がけることで、口内トラブルを回避しましょう。

 

むし歯になりにくい犬の口内

f:id:wanwanou:20170814211847j:plain

人の口内は弱酸性で虫歯菌が活動しやすい口内環境です。犬の口内は人とは真逆で、アルカリ性。弱酸性を好む虫歯菌は犬の口内では活動しにくいので、むし歯にはなりにくい環境といえるのです。

しかし犬の口内はアルカリ性ゆえ、歯垢が非常に出来やすいといえます。

毎日のデンタルケアで歯垢を取り除く

重要なのは日々のケアになります。なるべく歯垢が付く前に歯磨きをする、又は歯垢の状態の時に取り除くことが必要となります。

ケアの方法

簡単なのは歯磨きガムや歯磨きができるおもちゃです。犬に与えておけば自然と歯磨きができるというものですが、完璧に隅々まで磨くことは不可能です。もちろん歯磨きをしないのであれば、歯磨きガムや歯磨きおもちゃを与えた方が良いのですが、絶対歯垢がつかないという保証はありません。

一番確実なデンタルケアは歯磨きとなります。

スポンサーリンク
   
歯磨きは子犬の頃から

犬用の歯ブラシで歯を磨くか、ガーゼを人差し指に巻き付けて犬の歯をマッサージするかのように磨くという方法があります。ですが犬は口を触られることを非常に嫌がるので思うように歯磨きをさせてくれません。

すべてのことに言えるのですが、小さな頃から馴れさせるとスムーズです。口は犬にとっての急所といえるので、大きな犬はなかなか口をおとなしく触らせてくれません。

小さな頃から口を触ることで、飼い主に口を触られても大丈夫と思わせることができます。そして小さな頃から歯ブラシで歯を磨かれることは日常だと理解することで、歯ブラシを嫌がらずに口にいれてくれるようになります。

成犬に歯磨きは無理なのか

どうしても口をさわらせてくれない、歯磨きを凄く嫌がる犬はデンタルケアをすることができないのかというと、そうではありません。

液体の歯磨きジェルが販売されています。口の中にジェルを垂らすことで口内環境を整えるというものですが、このジェルと歯磨きガムや歯磨きおもちゃを併用することで、口内環境を整えてくれます。歯ブラシで磨くよりは劣ってしまうのは仕方がないですが・・・。

 

忘れてはいけないのが、犬の歯は表面がエナメル質ですので大変傷つきやすいです。あまり無茶をしては歯に傷をつくり、本来は出来にくいむし歯を呼び込みことにもなりかねないので注意。

必ず犬用のものを使用するようにしましょうね。

デンタルケアをしない犬の口はどうなる?

日頃から歯磨きをしていれば防げた口内トラブル。放っておけばおくほど、やっかいな状態に犬の口内はなっていきます。

一度ついた歯石は取り除くのが困難

歯垢が付いた状態を、そのままにしておくと歯垢が石のように固まってしまいます。歯石は犬の歯に密着した状態で固まるので取り除くのが難しくなります。

そして歯垢がびっしりある犬の口は、とても臭い!その臭い口で毛繕いをすることになるので、いくらシャンプーしてもすぐ体が臭くなってしまうなんてことも・・・。

一度付いてしまった歯石は普通に歯磨きをしても取り除くことはできません。

 

f:id:wanwanou:20170814215622j:plain

犬用デンタルスケーラー。歯石を取り除く器具です。

このスケーラ-を使用して歯石を取り除くのですが、歯磨きをさせてくれない犬が大人しく歯石取りをさせてくれるとは思えません。

歯石取りは獣医師や専門家に任せることになります。

液体を毎日口内に垂らすことによって、歯石を取りやすくするという商品も販売されています。そちらを試してみられてもいいかもしれません。

歯周病を放っておくと歯がなくなる

歯垢を放っておくと歯石になり、歯石を放っておくと歯周病になります。歯周病を放っておくとどうなるのか・・・。

ふと気付いたときには犬の口から歯が無くなっていた、なんてことになります。

歯周病になると歯茎が弱ってしまうので、歯が抜け落ちてしまうのです。基本、犬はフードは咀嚼せず丸呑みですが、歯が無くなることで堅いものが囓れなかったり、エサが食べずらかったりということになり食事が困難になる可能性もあります。

歯周病がひどくなると歯茎に膿がたまり、膿が溜まりすぎると破裂するので口内又はほっぺた部分に穴が空くことも。

 

まとめ

f:id:wanwanou:20170814221218j:plain

犬も人と一緒で、歯はすごく大事です。

毎日とはいいませんが、なるべくこまめにデンタルケアをすることで後々やっかいなトラブルを回避することができるのです。

また、ついてしまった歯石は迅速に取り除きましょう。無麻酔で歯石取りをしてくれる所もありますので探してみてはいかがでしょうか。

健康な口内を維持する!これがとても大変ですが犬にとって重要なこととなります。

今日からデンタルケアを初めてみて下さいね。